コンテンツを公開したまま、指定の日時に更新する

承認ワークフローを作成すると、対象コンテンツの編集画面の下部にワークフロー設定が表示されるようになります。
ワークフロー設定の「承認の反映日時」で日時を設定すると、承認者が承認後、その指定時間に更新内容が反映されるようになります。

承認ワークフローを作成する

[オペレーション]->[承認ワークフロー]をクリックします。
Image from Gyazo

[追加]をクリックします。
Image from Gyazo

承認ワークフローの基本設定が表示されるので、以下のように設定して[追加する]をクリックします。

項目内容
名前ワークフローの名前を入力します。
有効/無効[有効]にチェックを入れます。
コンテンツ承認ワークフローを利用するコンテンツを選択します。(今回は[お知らせ]を設定)

Image from Gyazo

続いてフロー設定が表示されるので、以下のように設定して、[更新する]をクリックします。
各項目の説明は承認ワークフローを参照ください。

Image from Gyazo

コンテンツ編集画面で「承認の反映日時」を指定して更新する

先ほど設定した[お知らせ]のコンテンツで承認ワークフローが利用できるようになっています。
更新したいコンテンツのタイトルをクリックします。

Image from Gyazo

コンテンツの内容を変更し、ワークフロー設定を下記のように設定し、[更新する]をクリックします。

項目内容
ワークフローワークフローを選択します。
承認の反映日時記事の更新を反映させる日付と時刻を設定します。

Image from Gyazo

選択できる時刻の間隔は以下のFAQを参考に変更できます。
コンテンツ公開日時の設定で、時間の選択間隔を変更できますか?

承認者が承認する

対象のコンテンツ一覧のページに承認ワークフローで申請中のコンテンツが表示されるので、タイトルをクリックします。
Image from Gyazo

コンテンツの詳細が表示されるので、内容を確認し、[承認する]をクリックします。
Image from Gyazo

以上で、設定が完了です。
設定した「承認の反映日時」に内容が更新されます。

承認の作業は承認ワークフローで設定したメンバーのほかに、「スーパーユーザー」や「コンテンツ(管理者)」の権限を持つグループのメンバーが行えます。

反映待ちのコンテンツを確認する

承認が完了し、反映待ちの状態になっているコンテンツは、コンテンツ一覧の申請中データの更新日時に[承認完了]の表示が付きます。
また、[>>承認後反映待ち一覧]をクリックすると、バッチ一覧のページに遷移し、承認後反映待ちになっているコンテンツの一覧を確認できます。
Image from Gyazo

Image from Gyazo

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。