どのようなときに従量課金として計上されますか

Kurocoは従量課金モデルとなります。そのため、毎月ご利用分のみお支払いいただくようになります。
料金体系は下記をご覧ください。

Image (fetched from Gyazo)

参考: Kuroco説明資料 P.18

コンピューティングの料金計上例

「コンピューティング」に「0.0132円/100ミリ秒」とありますが、バッチ処理やAPIで300msを超えるようなレスポンスがあった場合に計上されます。

例えば、KurocoはSmartyを利用できるので、ご自身である程度自由に処理を作ることが出来ます。 そのため、下記のような処理を作成・利用すると料金計上される可能性がございます。

  • ZIPファイルをアップロードして、ZIPの解凍をする処理
  • 外部APIを定期的に叩いて何らかの処理をする
  • 大量の配信をする
  • APIにオリジナル処理を入れて複雑な処理をして、300msを超えるレスポンスのAPIを作成する

バッチ処理についての詳細は下記をご確認ください。
バッチ処理
Pre-processing

無料枠について

Kurocoは、毎月1100円(税込)までは無料でご利用になれます。

管理画面を見てみたい、試しにAPIを作成してみたい、というレベルであれば無料枠を超えることはございません。また、最初はクレジットカード登録の必要がないので、ご安心して一度お試しください。

料金の確認方法

詳細な利用料金は、[環境設定] -> [利用状況]より確認できます。
詳しくは、管理画面マニュアル -> 利用状況をご確認ください。

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。