同期項目一覧

Kurocoでは、親サイトと子サイトの間でサイトデータの同期が行えます。
サイトデータの同期を行うことで、本番環境で利用している親サイトのデータを開発環境で利用している子サイトへ同期ができます。

本リファレンスでは、サイトの同期方法と同期の種類について説明します。

同期機能は親サイトのみ利用可能です。子サイトの管理画面には表示されません。

同期方法

[環境設定] -> [サイト一覧]をクリックし、サイト一覧画面を表示します。

Image (fetched from Gyazo)

同期させたいサイトの[編集]をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

「同期」より下記選択し、「更新する」をクリックします。

項目説明
同期するチェックを入れます。
同期元サイトキー同期したいサイトのサイトキーを選択します。
アプリ同期 or 全同期希望の同期方法を選択します。
同期方法の詳細は同期項目一覧をご確認ください。

Image (fetched from Gyazo)

更新後、15分程度で同期されます。

同期項目一覧

同期には下記2種類あります。

  • アプリ同期
  • 全同期

それぞれで同期される内容が異なります。詳細は下記をご確認ください。

項目アプリ同期全同期
コンテンツ定義コンテンツ定義
コンテンツコンテンツ×
マスタ×
タグ
APIAPI
エンドポイント
ファイルファイル×
KurocoFrontKurocoFront×
Github×
アクティビティ定義一覧アクティビティ定義一覧×
アクティビティアクティビティ×
キャンペーンフォーム
問い合わせデータ×
配信
配信データ×
メンバー×
グループ
オペレーションメッセージひな形一覧
ログ管理×
バッチ
カスタム処理
一時更新権限×
承認ワークフロー×
カスタムメンバーフィルター
EC商品×
注文×
設定×
環境設定アカウント設定××
管理画面△(注1)
ローカライズ×
定数××
シークレット××
ダッシュボードのウィジット×
管理画面プラグイン
バックアップ×
サイト管理
外部システム連携SAML IDP
SSO SAML SP
SSO OAuth SP
SendGrid××
テキスト メッセージ(SMS)××
Firebase××
Vimeo××
Slack××
reCAPTCHA
Google Analytics
Vaddy
Stripe××

注1: アプリ同期の際の[環境設定] -> [管理画面]については下記フィールドのみ同期されます。

  • ログイン画面の文言
  • オートログイン有効期間

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。