デフォルトのバッチ処理 一覧

Kurocoでは以下のバッチ処理がデフォルトで用意されています。バッチ処理が実行されると従量課金のコンピューティングが課金されます。
実行内容をまとめておりますので従量課金のマネジメントの参考にしてください。

実行前のバッチや定期実行のバッチは、バッチ処理画面で確認できます。

EC

タイトル実行タイミング実行内容
ec_process_downloadダウンロード商品の注文があれば、15分毎ダウンロード商品の売上処理を行い、該当商品のダウンロードに必要な一連の処理を行います。
ec_auto_sale_regular定期購読商品の注文があれば、15分毎定期購読商品の売上処理を行います。
ec_order_expire_cancel毎日午前3時支払い期限切れの注文のキャンセルを行います。
ec_regular_delivery_download定期購入ダウンロード商品の注文があれば、毎日午前2時定期購入ダウンロード商品の売上処理を行います。

API

タイトル実行タイミング実行内容
cache_updateAPIのメニューリストでキャッシュクリアするボタン押下時
Image from Gyazo
API設定キャッシュのクリアを行います。
api_execAPIが非同期でリクエストされた時(非同期呼び出しが許可されているAPIでのみ可能です)
Image (fetched from Gyazo)
指定されたバッチ処理を実行します。

コンテンツ

タイトル実行タイミング実行内容
topics_cleanup_update_historyコンテンツ定義編集の、更新履歴を残さないチェックボックスが有効して更新された時
Image from Gyazo
コンテンツの更新履歴削除を行います。
topics_bulk_postprocessコンテンツ一括アップロード処理後コンテンツ一括アップロード処理後に必要な処理を行います。(関連タグ数の再計算など)
sync_counter1時間毎GAから取得したアクセス数を各コンテンツに同期する処理を行います。
topics_group_settings_postupdateコンテンツ定義編集更新後コンテンツ定義編集更新後に必要な処理を行います。(DBのindex再構築など)
topics_uploadコンテンツアップロードの [バッチ処理で実行する]押下時
Image from Gyazo
コンテンツのアップロードを行います。[バッチ処理で実行する]を選択すると動作します。
topics_downloadコンテンツダウンロードの[バッチ処理で実行する]押下時及び[バッチ処理でファイルダウンロード実行する]押下時
Image from Gyazo
コンテンツのダウンロードを行います。[バッチ処理で実行]を選択すると動作します。

マイページ

タイトル実行タイミング実行内容
vaddyVAddyの、[更新する]ボタン押下時
Image from Gyazo
外部API vaddyを使用して脆弱性診断を行います。
参考:VAddyと連携してAPIエンドポイントに対する自動診断を設定する。

メンバー

タイトル実行タイミング実行内容
member_provisional_upload仮メンバーアップロードの[バッチ処理で実行する]押下時
Image from Gyazo
仮メンバー一括アップロードを行います。 
member_lumpメンバーアップロードの[バッチ処理で実行する]押下時
Image from Gyazo
メンバーのアップロードを行います。[バッチ処理で実行]を選択すると動作します。
loginid_remainder_to_userメンバー編集の、ログイン許可の有効期限が30日前になった時
Image from Gyazo
ユーザーのログインID有効期限が1ヶ月前なるとメールで通知を行います。

配信

タイトル実行タイミング実行内容
magazine_sendmail_bat配信メッセージ編集の、送信設定日時を指定時
Image from Gyazo
Email編集で送信日時を指定して、送信待ちにすると、その時間でバッチ処理が設定されます。

フォーム

タイトル実行タイミング実行内容
inquiry_bn_downloadフォームの回答ダウンロードで、[バッチ処理で実行する]押下時 [バッチ処理でファイルダウンロード実行する]押下時
Image from Gyazo
回答データのダウンロードを行います。フォームフォームにて回答のダウンロードを[バッチ処理でファイルダウンロード実行する]を選択すると動作します。

バッチ処理

タイトル実行タイミング実行内容
openflgSettingコンテンツ編集の公開設定で、コンテンツ公開設定日時を指定時
Image (fetched from Gyazo)
公開日時をもとに、コンテンツの公開非公開設定を行います。コンテンツの公開日時を指定すると、その日時でバッチ処理が設定されます。

承認ワークフロー

タイトル実行タイミング実行内容
scheduled_publishコンテンツ編集の、承認フロー公開設定日時を指定時
Image from Gyazo
時限設定された承認待ちデータを承認済みにします。
approval_alert承認ワークフロー基本設定でメール通知を通知するに設定し、設定したアラート期限日数を過ぎた時
Image from Gyazo
承認待ちデータがある場合、承認者に承認依頼通知メールを送信します。

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。