CSVでコンテンツを一括更新する

CSVをアップロードすることにより、コンテンツ定義単位でコンテンツを一括更新できます。 ここでは、コンテンツのCSVアップロード手順をお伝えします。

CSVでコンテンツを一括更新する方法

CSVファイルをダウンロードする

まずはCSVファイルをダウンロードします。
コンテンツ定義の一覧画面より、対象のコンテンツ定義の[ダウンロード]リンクをクリックします。

Image from Gyazo

すると、ダウンロードの設定画面が表示されるので、詳細を設定し[コンテンツダウンロード]をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

ダウンロード設定画面の詳細は、管理画面マニュアル コンテンツダウンロードをご覧ください。

CSVファイルを編集する

次に、ダウンロードしたファイルを修正します。
CSVファイル修正の際は、下記に注意して修正してください。

必須項目

下記は必須項目となります。

  • コンテンツID ※更新時のみ必須。新規追加時は空白
  • 公開
  • 日付
  • カテゴリ
  • タイトル

新規・更新・削除の挙動

コンテンツIDにより、コンテンツの挙動が以下の通り変わります。

  • コンテンツIDが空の場合は、新規追加になります。
  • コンテンツIDが存在している場合は、更新になります。
  • コンテンツIDを指定して、削除フラグに1を入れると、削除になります。

初期値推奨項目

下記項目は、ダウンロードしたままの状態で修正せずにアップロードすることを推奨しています。

  • グループ名

画像ファイルのアップロード

画像ファイルをアップロードする場合は、画像の項目に下記のように記述し、アップロードするファイルをzipファイルでまとめてCSVファイルと一緒にアップロードします。

  • PATH::ファイル名

画像の説明を入れる場合は画像の記入欄に、次のように記入してください。

  • PATH::ファイル名
    画像の説明のテキスト

CSVファイルをアップロードする

作成したCSVファイルをアップロードします。

コンテンツ定義の一覧画面より、CSVアップロードを実行するコンテンツ定義の[アップロード]リンクをクリックします。

Image from Gyazo

アップロードの設定画面が表示されるので、詳細設定し[送信する]をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

アップロード設定画面の詳細は、管理画面マニュアル コンテンツアップロードをご覧ください。

ファイルがアップロードされ、コンテンツが更新されます。

ファイルアップロード時の注意点

以下、ファイルアップロード時の注意点となります。下記に注意してファイルアップロードをお願いします。

アップロード時の上限容量について

アップロード時の上限容量は80MBとなります。 容量が80MB以上の場合は、CSVファイルを分けて複数回アップロードを実行してください。
また、処理時間が30秒以上になると自動的に処理がキャンセルされます。処理時間が30秒以上になる場合は、バッチ処理をご利用ください。

チュートリアル -> Kurocoのバッチ処理を利用する

改行コードについて

CSVファイルの改行コードは「LF」または「CR/LF」を指定してください。

テキストエンコーディングついて

CSVのテキストエンコーディングは「shift_jis」を指定してください。

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。