API 後処理

API 後処理では、APIのレスポンスを変更できます。

API 後処理の確認方法

[API]から任意のAPI名をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

エンドポイント一覧より、後処理を設定したいエンドポイントの [後処理] をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

[追加する][保存する]ボタンが表示されますので、[追加する]をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

選択肢が表示されます。

Image (fetched from Gyazo)

ブロックタイプ

タイプ 説明
出力許可リスト選択したフィールドのみレスポンスに表示します。
ネストされたフィールドは . を使用します。(例: data.content.title)
それぞれのList Indexを指定する必要はなく、サブフィールド名を指定するだけでList項目は自動的に処理されます。例えば、list.title は各 list 項目の titleフィールドを返します。
出力変換リスト機能を使用して、フィールドの名前の変更や削除、データの変更が可能です。
ネストされたフィールドは、data.content.title -> subject のようにポイント区切りの名前が使用可能です。
FunctionsはPHP、Smarty、RCMSのFunction名と同じ形式です。
  • Truncate
  • Trim
  • Strtotime
  • Date Format
  • RCMS Date Format
  • Uppercase
  • Lowercase
  • Sprintf
  • Nl2Br
  • FileSize
オリジナル処理作成済みのオリジナル処理を選択します。

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。