SendGrid連携方法

KurocoではSendGridと連携することで、問い合わせへの返信や、システムからの通知のメールを、任意のメールアドレスに設定することができます。
SendGridと連携しない場合、通知のメールアドレスは「noreply@kuroco-mail.app」となります。

このチュートリアルでは、Kuroco管理画面でのSendGridとの接続作業の方法と、メールアドレスの変更方法を説明します。

SendGrid側の仕様の変更により、SendGrid APIKEYの取得方法は本チュートリアルと異なる箇所がある場合がございます。詳細はSendGridで最新情報をご確認ください。

SendGridと契約・接続していてもKurocoのメール送信の料金は引き続き発生します。

SendGridの設定

1. アカウントを作成する

SendGridのプランを確認し、「無料でアカウントを作成」をクリックしアカウントの作成をお願いいたします。 Image (fetched from Gyazo)

海外から上記ページにアクセスし、「無料でアカウントを作成」をクリックすると403エラー画面が表示されます。
海外からSendGridを利用する場合、 https://signup.sendgrid.com/ にアクセスしてアカウント作成をお願いします。

2. 送信ドメインを認証する

SendGridのチュートリアルを参考に送信ドメインの認証を行います。

ダッシュボードにログイン後、[Settings] -> [Sender Authentication]にアクセスし、Authenticate Your Domainの[Get Started]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

①で利用しているDNSのホストを選択し、②のLink Brandingの項目はYesを選択し[Next]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

認証したいドメインを入力し[Next]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

設定が必要なDNSレコードが表示されます。 Image (fetched from Gyazo)

こちらのDNSレコードを、ご自身が管理するドメインのDNSに追加します。
(下記はお名前.comの画面例です) Image (fetched from Gyazo) DNSにレコードを追加したら、内容が反映されるまでしばらく待ちます。最大48時間かかる場合があります。

DNSの登録が反映されたら、[I'v added these records.]にチェックを入れて[Verify]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

下記画面が表示されたらドメインの認証手続きは完了です。 Image (fetched from Gyazo)

3. SendGrid APIKEYを確認する

SendGridのチュートリアルを参考にAPIキーを発行します。
ダッシュボードにログイン後、[Settings] -> [API Keys]にアクセスし、画面右上の[Create API Key]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

API Key Nameを記入し、Restricted Accessを選択し、[Create & View]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

下記画面が表示されたらAPI Keyの発行は完了です。
API Keyは画面を閉じると再表示できませんので、メモしておいてください。 Image (fetched from Gyazo)

4. Click Trackingを無効にする

[Settings] -> [Tracking]にアクセスし、Click Tracking横の鉛筆マークをクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

設定画面が表示されるので、[DISABLED ENABLED]のスライダーをクリックして、DISABLEDに設定し、[Save]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

「Success! The Click Tracking setting has been updated.」の表示がされ、Click TrackingのステータスがDisabledになったら設定は完了です。 Image (fetched from Gyazo)

Kurocoの設定

ここからはKurocoの管理画面にて作業を行います。

5. KurocoとSendGridを連携する

Kuroco管理画面にアクセスし、[外部システム連携] -> [SendGrid]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

「3. SendGrid APIKEYを確認する」で取得したSendGrid APIKEYを入力して、[更新する]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

SendGrid との連携が完了すると、送信許可ドメイン・メールアドレスの追加ができるようになります。
また、「2. 送信ドメインを認証する」で認証したドメインが表示されます。 Image (fetched from Gyazo)

6. 管理者メールの設定をする

管理者メールに任意のメールアドレスを入力します。
メールアドレスは、送信許可ドメイン・メールアドレスに登録されている必要があるので、登録されていない場合は、合わせて入力します。 Image (fetched from Gyazo)

管理者メールの変更を確認する

7. 招待メールを送信する

メンバーを招待するのチュートリアルを参考に招待メールを送ります。

8. メールの送信元を確認する

メールの送信元が設定した管理者メールになっていることを確認します。 Image (fetched from Gyazo)

以上でKurocoとSendGrid連携方法の説明を終わります。

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。