WordPressのXMLファイルをKurocoへインポートする

概要

WordPressでエクスポートしたXMLデータ及びメディアファイルをKurocoへインポートできます。

学べること

以下の手順でWordPressの投稿データをインポートします。

前提条件

  • WordPressで作成された以下の4投稿をKurocoにインポートします。

Image from Gyazo

  • 各投稿には1つずつカテゴリが設定されていることととします。
  • WordPressに登録された以下のカテゴリ設定をKurocoにインポートします。

Image from Gyazo

  • WordPressに登録された以下のメディアファイルをKurocoにインポートします。

Image from Gyazo

WordPressで投稿データをエクスポートする

まずはWordPressのマニュアルを参考に、投稿データをエクスポートします。

WordPress管理画面のサイドメニューから[ツール]->[エクスポート]をクリックします。
Image from Gyazo

「コンテンツをエクスポート」の[すべてエクスポート]をクリックします。
Image from Gyazo

ダウンロードリンクが作成されるので[ダウンロード]をクリックして、コンテンツデータのXMLをダウンロードします。
ZIP圧縮されているので、ダウンロード後に解凍しておきます。
Image from Gyazo

続いて、メディライブラリのエクスポートの[ダウンロード]をクリックして、メディアライブラリのTARファイルをダウンロードします。
Image from Gyazo

以上で、WordPress側のデータエクスポートは完了です。

インポート先のコンテンツ定義を準備する

続いてKuroco側の設定をしていきます。 まずはWordPressのデータをインポートするコンテンツ定義を作成します。

コンテンツ定義一覧から[追加]をクリックします。
Image from Gyazo

以下の設定をして、[追加する]をクリックします。

項目設定
名前任意の名前を入力
本文の入力方法WYSIWYGを選択
その他の設定デフォルト

Image from Gyazo Image from Gyazo Image from Gyazo

WordPressインポーターでXMLファイルをインポートする

先ほど作成したコンテンツ定義にWordPressの投稿データをインポートしてコンテンツを作成します。

[外部システム連携]->[WordPress]をクリックします。
Image from Gyazo

WordPressインポーターが表示されます。
Image from Gyazo

以下のように設定して[更新する]をクリックします。

項目設定
WordPress XMLファイルWordPressからエクスポートした.xmlファイルを選択します。
WordPressメディアZIPファイルWordPressからエクスポートした.tarファイルを選択します。
対象コンテンツ先ほど作成したコンテンツ定義(WordPressデータ)を選択します。
ステータス公開にする
値がない場合の動作無視する
コンテンツカテゴリWordPressのXMLからカテゴリをインポートする

Image from Gyazo

インポートされたデータの確認

WordPressデータのコンテンツ一覧を確認すると、 WordPressの投稿データがインポートされていることが分かります。

Image from Gyazo

Image from Gyazo

Image from Gyazo Image from Gyazo

現在、XMLのインポート動作で、カテゴリのインポートと、コンテンツのインポートが同時に動作しません。
カテゴリのみしかインポートされなかった場合は同じXMLファイルで再度インポートの作業をしてください。

関連ドキュメント

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。