Hubspot連携方法

KurocoではHubspotと連携することで、バッチ処理でHubSpotのデータと同期することができます。

Hubspot側の仕様の変更により、APIの取得方法が本チュートリアルと異なる箇所がある場合がございます。詳細はHubspotで最新情報をご確認ください。

Hubspotの設定

まずはHubspotの設定を行います。今回は無料アカウントで登録を行います。

アカウントを作成する

Hubspotより、「無料で試す」をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

「無料版を使ってみる」をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

フォームよりアカウント登録を行います。

Image (fetched from Gyazo)

登録したメールアドレスに確認メールが届くので、クリックしアカウント登録完了です。

非公開APIを作成する

次に、Kuroco連携用の非公開APIを作成します。

Hubspotにログインし、ナビゲーションバーより[設定アイコン]をクリックします

Image (fetched from Gyazo)

左のサイドバーメニューで、[連携]->[APIキー]をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

[非公開アプリを作成]をクリックします。

Image from Gyazo

アプリ作成画面の「基本情報」タブより、アプリの基本情報を入力します。

Image (fetched from Gyazo)

「スコープ」タブよりスコープを選択します。 スコープを検索より、crm.objects.contactsの「読み取り」にチェックを入れ、「アプリを作成」をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

ポップアップにてメッセージが表示されるので「作成を続行」をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

アプリが作成され、トークンが表示されます。後ほど利用するので、こちらのトークンをコピーしておいてください。

Image (fetched from Gyazo)

Kurocoの設定

ここからはKurocoの管理画面にて作業を行います。

KurocoとHubSpotを連携する

Kuroco管理画面にアクセスし、[外部システム連携] -> [HubSpot]をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

「Access token」に先ほど取得したトークンを入力して、[更新する]をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

以上でKurocoとHubSpotの連携が完了しました。

Image (fetched from Gyazo)

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。