管理画面プラグイン

このページでは、Kuroco管理ページにカスタムプラグインを挿入できます。 現在、Kurocoは2種類のプラグインをサポートしています。

  • Vue.js
  • CSS

管理画面プラグインの確認方法

[環境設定] -> [管理画面プラグイン]をクリックします。 Image (fetched from Gyazo)

管理画面プラグインの項目説明

Image (fetched from Gyazo)

項目説明
Nameプラグインの名前を表示します。
Typeプラグインのタイプを表示します。(css もしくは Vue.js)
Sourceプラグインの保存場所を表示します。
Targetプラグインを読み込む管理画面のページとスロットを表示します。
PropsInitial propsに入力した内容を表示します。
Vue.jsプラグインの場合は、Initial propsでJSONオブジェクトを挿入することができます。一部の特定のページやスロットは追加のpropsを利用します。
Last updatedプラグインが最後に更新された日時を表示します。
Edit[更新]をクリックするとプラグインの編集画面が開きます。
Delete[削除]をクリックするとプラグインを削除します。

管理画面プラグインの追加・編集方法

追加の場合は[Add Plugin]、編集の場合は[更新]をクリックすることで管理画面プラグインの編集ページが開きます。
内容を入力後[Add]もしくは[Update]をクリックすることで入力内容が反映します。 Image (fetched from Gyazo)

項目説明
Plugin Nameプラグインの名前を入力します。
Typeプラグインのタイプを設定します。
Source Component Name:Vue.jsタイプの場合、MPAのエントリーポイントのコンポーネント名を入力してください。
※KurocoはMPA形式のアプリケーションをサポートしています。
例: MyEntryPoint
Source URL:プラグインをアップロードした場所を入力します。
Source Manifest Keys:Vue.jsタイプの場合、読み込まれるコンポーネントのWebpackマニフェストキーのリストをセミコロン区切りで入力してください。 値は、Webpackのコード分割とチャンク構成によって異なります。
例: MyEntryPoint.js;vendors.*
Target Page Uri:プラグインを読み込むKuroco管理画面のURIを指定します。
/management は省略し、相対URIで指定してください。
また、任意のカスタムページを指定することも可能です。 この場合、ページはプラグインの専用コンテンツとしてアクセス可能になります。
Target Slot Name:プラグインを読み込むスロットを指定します。
プラグインは値に応じて様々な場所に読み込むことがで、ページによって特定のスロットに対応しています。詳細は利用可能なスロットとスロットパラメーターを参考にしてください。
Target Slot Params:スロットのパラメータを設定します。
いくつかのページでは、スロットパラメータを設定して、プラグインを読み込む条件を設定できます。
例えば、コンテンツ編集ページでは、特定のグループに対してのみプラグインを読み込む設定が可能です。
Initial propspropsをプラグインに渡したい場合は、ここにJSONオブジェクトとして入力します。
例: {"my_prop": "my_prop_value"}

利用可能なスロットとスロットパラメータ

Vue.js プラグイン

Page UriAvailable slotsAvailable slot parameters
任意のUri空欄-
/topics/topics_edit/ext_col_NNtopics_group_id=G
/inquiry/inquiry_report/list_main_top-
/inquiry/inquiry_bn_list/list_main_top-
/member/member_edit/Item name-

CSS プラグイン

Page UriAvailable slotsAvailable slot parameters
任意のUrihead-