JavaScriptログ

JavaScriptログではJavaScriptのログを確認できます。

JavaScriptログの確認方法

[オペレーション] -> [ログ管理]をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

ページタイトルの上の[ログ管理]をクリックし、表示されたプルダウンの中にある[JavaScriptログ]を選択します。

Image (fetched from Gyazo)

JavaScriptログの項目説明

Image from Gyazo

絞り込み条件

JavaScriptログでは簡易的なURIよる絞り込みと、詳細検索を用意しています。

URIによる絞り込み

[URI] テキストボックスに検索を行うURIを入力します。部分一致でログを絞り込みます。

Image (fetched from Gyazo)

詳細検索

[詳細検索] ボタンをクリックすると、絞り込み条件を作成できます。

Image (fetched from Gyazo)

Image from Gyazo

絞り込み対象として指定できる項目は次の通りです。

項目説明指定できる条件
ログ日時ログの記録された日時日付範囲
URLリクエストが行われたエンドポイントのURI検索条件
Messageログの message1〜5の内容検索条件
Stackログの stack検索条件
送信元IPアドレスリクエストを行ったユーザーのIPアドレス検索条件

詳細検索は複数の条件をAND、またはORで連結できます。ANDの場合は指定した条件すべてにマッチするデータのみを対象とします。OR条件は指定した条件のいずれかにマッチするデータを対象とします。

日付範囲指定について

日付の範囲指定は、次の4条件で指定できます。

  • 日付で範囲指定
  • 相対で日付指定
  • 時間で範囲指定
  • 日時で範囲指定

検索に利用できるオペレーションについて

検索では次のオペレーションが指定できます。

オペレーション対象となるデータ
含む文字列条件が一部に一致するデータ
含まない文字列条件がいずれにも一致しないデータ
=文字列・数値条件に一致するデータ
!=文字列・数値条件に一致しないデータ
<文字列・数値条件未満のデータ
>文字列・数値条件より大きいデータ
<=文字列・数値条件以下のデータ
>=文字列・数値条件以上のデータ
で始まる文字列条件ではじまるデータ
で始まらない文字列条件ではじまらないデータ
で終わる文字列条件で終わるデータ
で終わらない文字列条件で終わらないデータ
どれかを含む文字列・数値条件を複数指定し、いずれかの条件に一致するデータ
どれも含まない文字列・数値条件を複数指定し、いずれの条件にも一致しないデータ

表示順について

表示順はログ日時が指定できます。表示順はASC(昇順。小さい方から大きくなっていく)またはDESC(降順。大きい方から小さくなっていく)を指定できます。

ログ一覧項目

ログとして一覧されるデータの項目は次の通りです。

項目説明
ログ日時ログの記録された日時を表示します。
ホストアクセスされたサイトを表示します。
URIアクセスしたページのuriを表示します。
Messageログの補完情報を表示します。
StackTRACE情報を表示します。
JavaScript側の実装によっては必要な情報が取得できない場合等もありますので、フロントエンド側の実装との連携が重要なログになります。
送信元IPアドレスリクエストを行ったユーザーのIPアドレスを表示します。
ユーザーエージェントアクセスしたWebブラウザのユーザーエージェントを表示します。

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。