SendGridログ

SendGridのログを確認できます。

SendGridログの確認方法

[オペレーション] -> [ログ管理]をクリックします。

Image (fetched from Gyazo)

ページタイトルの上の[ログ管理]をクリックし、表示されたプルダウンの中にある[SendGridログ]を選択します。

Image (fetched from Gyazo)

SendGridログの項目説明

Image from Gyazo

絞り込み条件

JavaScriptログでは簡易的なEmailよる絞り込みと、詳細検索を用意しています。

Emailによる絞り込み

[Email] テキストボックスに検索を行うEmailを入力します。部分一致でログを絞り込みます。

Image (fetched from Gyazo)

詳細検索

[詳細検索] ボタンをクリックすると、絞り込み条件を作成できます。

Image (fetched from Gyazo)

Image from Gyazo

ログ一覧項目

ログとして一覧されるデータの項目は次の通りです。

項目説明
ログ日時ログの記録された日時を表示します。
sg_eventイベントを表示します。
宛先メールアドレスメールアドレスを表示します。
sg_message_idSendGridのメッセージIDを表示します。
送信元IPアドレスリクエストを行ったユーザーのIPアドレスを表示します。
ユーザーエージェントアクセスしたWebブラウザのユーザーエージェントを表示します。
sg_machine_openAppleのメールプライバシー保護機能の利用可否をtrue/falseで表示します。
trueの場合は開封されている/されていないのが不明なメールとなります。
URLクリックされたURLが表示されます。
URL offsetメール内に同じURLのリンクがある場合、何番目のURLかが表示されます。
配信のIDKurocoの配信IDを表示します。
配信メッセージIDKurocoの配信メッセージIDを表示します。

SendGridのAPIキーを独自に設定している場合は、Event Webhookの設定が必要になります。
SendGridのWebhookリファレンスは、SendGrid -> Event Webhook Reference をご確認ください。

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Slackコミュニティにご参加ください。